相続税はコレで準備万端

いつ必要になるかわからない相続税の知識について、基礎的な内容を中心にご説明します。

相続税は相続人の人数などによって変わってくる

相続税は当然ながら相続した者に課される税金です。
その対象は亡くなられた方の財産であり、その相続した財産の金額に応じた税金が課税されます。
しかしながら、この相続税は相続財産全てに対して課されるわけではありません。
相続する者の人数により変動するものなのです。
また、相続する者が未成年である場合や障碍者の場合には税金が安くなりますし、配偶者の相続分については1億6千万円まで控除されます。
このように相続する者の属性によっても税金は変わってくるのです。
そして、先述した人数により変動する分については、単純に人数によって決まるものとみなし財産に対して人数により決まるものがあります。
前者では、非課税枠を3000万円+600万円×相続人数としています。
ちなみに、養子もこの相続人数には当然入りますが、無制限に相続する者の数を増やしてしまうと、公平性などに問題があることから養子は1人まで非課税枠の計算に入れることができるとして制限されています。
次にみなし財産についてですが、これは生命保険金や死亡退職金などの遺産分割協議をしなくてもよい財産のことです。
この財産については、他の相続財産と区別され、先ほどの非課税枠の計算から除外されます。
そして、この分の非課税枠の計算については500万円×相続人の人数として計算されます。
つまり、相続税については、相続する者の人数やその属性により控除される枠が変わってくることになります。
そこで、相続を専門とする税理士などに相談し、税金をきちんと計算し、過大に払いすぎないようにする必要があります。