相続税はコレで準備万端

いつ必要になるかわからない相続税の知識について、基礎的な内容を中心にご説明します。

相続税の修正申告はきちんと行いましょう

相続税が発生して申告をした後に、修正申告という手続きが必要になる場合があります。
この手続きは、1度申告した税額が実際に発生した税額よりも少なかった場合に、正しい税額になるよう申告内容を修正する手続きのことを指しています。
なぜ、実際よりも少ない額で税額を申告してしまうという事態が発生するのかというと、相続税の申告には被相続人が亡くなったことを知った日から10か月以内という期限があるためです。
それまでに正式に遺産分割が終了してもいなくても、期限が来るまでには申告を終えていなくてはならないのです。
ですから、遺産分割の協議が長引くなどして、期限が来た時点でもまだ遺産分割が終了していない場合には、民法の規定などに則って相続が行われたものとして、とりあえず申告をしておくことになります。
そうしてとりあえず申告した額は、遺産分割を終えた段階で正式に定まった金額よりも少ないことも多々あるという訳です。
また、協議が決着してから申告した場合でも、その後に新たな財産が見つかって、税額が増えるというケースも考えられるでしょう。
申告内容を修正するには、修正申告書という書類を作成して提出する必要があります。
修正の必要があることに気づいたら、できるだけ早めに書類を作成して提出するようにしましょう。
税務署から指摘されてから提出するのではなく自主的に書類を提出すれば、延滞税はかかりますが、過少申告加算税は課されずに済むからです。
また、修正を求められても応じないと、意図的に脱税をしたということで刑事罰を科されることにも繋がりますので、くれぐれも修正申告を忘れないようにしてください。