相続税はコレで準備万端

いつ必要になるかわからない相続税の知識について、基礎的な内容を中心にご説明します。

基本的な相続税の計算を知ることが大切

同じ税金でも所得税や住民税は日常的に支払うことがあるものですが、相続税は生きている間に数回しか支払うことはないあまり経験のない税金です。
しかし、身内が亡くなれば必ず相続は起こります。
そして、税金の中でも一番トラブルが多く人間関係が悪くなるものです。
遺産は自分の取り分でもめる事が多く一番気を付けなければならない税金の一つです。
こういったトラブルを避けるためにも余分な税金を多く払わないためにも、事前に相続税の知識を持ち準備していくことが重要になります。
そのためには相続財産がどのくらいあるか、誰が相続するのかをしっかり把握する必要があります。
相続財産で現金や預金など評価など必要としないものはいいのですが、土地や家、株式、貴金属、骨董品など社会や時代によって価値が変わるものは相続する際の評価を相続税評価といいます。
これはとても重要でその評価額で相続額が決定するので正しく価値を計算しなければなりません。
不動産については路線価格で、上場株式は早く計算できますが、非上場株式は時間がかかるので気を付けなければなりません。
自分で計算できない場合は税理士に相談すると良いでしょう。
相続財産の金額の次に法定相続人の数を確定し、基礎控除額を算出します。
一般的に配偶者や子供などの家族が相続するのが一般的です。
しかし、子供や配偶者、親がいない場合は兄弟が相続することになります。
また、遺贈といって、生前にお世話になった人に遺言で財産を分けることで相続する人もいる場合もあるので気を付けなければなりません。
基礎控除額は、「3000万円+法定相損人数×600万」です。
基礎控除額が決まれば、相続財産の金額から基礎控除額を引きます。
そして、マイナスとなれば税金の支払い義務はなく、申告の必要もありません。
しかし、プラスとなればその金額をもとに算出します。
基本はこのようなことですが、実際となるとなかなか難しいものです。
税制や法律も非常に難しいので出来れば専門家である税理士に相談するのが良い方法でしょう。